マンデン占星術・2020春分ホロスコープ

2020春分・ホロスコープ
☆ マンデン占星術 ☆
★2020年 春分図 ★
春分図を使って今年一年の流れを見ていきたいと思います。

前回の2019年は春分図では

太陽(国)は12室(福祉、医療)にあり反対には月(国民)の6室(健康衛生)、そしてTスクエアになる形で木星(拡大)が9室(法律)に居るので・・・
医療や福祉に関する新しい制度や施設などができるかもしれません。それによって国には金銭的な圧迫がかかる事もありそうです。

と読んでいたのですが
見ていた通り現在はコロナ等で国が金銭的に圧迫を受けている様に感じます。
娯楽産業の厳しさも書いていましたが、少し違った形ではありますが流れの通りでした。

(詳しくはこちらで・・・

マンデン占星術・2019春分ホロスコープ

追加するのであれば、9室を海外、6室を感染症と見ると現在のコロナの影響などが反映されていました。
12室の水星海王星の合も9室の木星によってコミュニケーションの制限や情報の混乱なども示されています。

では、2020年の春分図を読んでみます。

Ascは蟹座になりますので主役は月の意味する国民となるでしょう。
月は7室(他国)にあるので、蟹座的に自国を守るために水瓶座的なグローバルさを身に付けていきそうです。
他国のマネだった物が自国のオリジナルな物へと変化していく可能性も考えられます。

また、金星は6室の火星木星とトラインなので医療や福祉面で恩恵はありそうです。補助金などは期待できるかもしれません。

ただ月は10室の牡牛座金星とスクエアなので、それにより経済的には大きなダメージがありそうです。
もしくは国民に金銭的な負担が課せられる可能性も考えられます。

Des(他国)には土星冥王星の合という強烈な星の配置がありますので、日本に対する制裁や圧力は更に出てくるかもしれません。
10室(国家、政治)の天王星(改革、分裂)とスクエアでもあるので、外交問題で国家が荒れる恐れもあります。
ただ太陽でいうとDes冥王星土星がセクスタイルなので援助をしてくれる国もありそうです。

なんだか客観的に読むとネガティブですよね。
まぁこんな時期ですからポジティブに読むのも大事かなと思うので。
もっと個人的に焦点を絞っても見てみたいと思います。

メインの7室の水瓶座の月と10室の牡牛座の金星に注目すると、人間関係において互いを認めていかなければいけなくなりそうです。

人に対して好き嫌いがあるのは仕方ないかもしれません。
でも、あの人は好きだから良い、あの人は嫌いだからダメ、といった幼い判断をしてしまうのは危険かもしれません。

そういう考え方もあるよね、そんな行動の仕方もあるよね、といった違いを認め合う。
違うから排除するのではなく、それもあり。
もちろん自分は相手と同じにしなくて良いです。そこには正義も悪もありませんから。私は私。

Desにも重い星やオーバーロードがあるので他者からの圧力は強そうに見えます。つい被害妄想的な思考にもなってしまうかもしれません。
ただ、ここも相手ではなく自分。人を責めるのではなく、あくまで他者として対処しましょう。

年末には水瓶座でグレートコンジャンクションがやってきます。
山羊座的な縦の関係ではなく水瓶座的な横の関係へと移り変わります。

あの人より上に・・・は、もう止めましょう。比べても同じにはなれません。
そもそも違う人間なのですから、あの人より上になんてなれるはずありません。
人とは違うオリジナルな自分!!で勝負しましょう。

「私」を確立している人は強いです。
人からの評価ではなく自己評価が出来ますから。自己納得で満足できる。
そして初めて他者へと受け渡していけます。

宇宙元旦は良い節目かもしれません。
ここから考え方をシフトしていくと、より時流に合った自分へと変化していけるかもしれません。

他者は怖いです。
他人ですから何とでも言える。
でも他者でなければ分からない自分も居る。

誰かが居て自分がある。
でも、貴方は貴方。私は私。

他者に溶け込んでも染まってしまわない様に。
オリジナルな自分を確立していって下さいね。

逢愛ミリサ

マンデン占星術・2019春分ホロスコープ

マンデン占星術(20190321)
☆ マンデン占星術 ☆
★2019年 春分図 ★
春分図を使って今年一年の流れを見ていきたいと思います。

ホロスコープ(20190321)

3月21日 6時58分太陽が牡羊座へ入りました。月はその日のうちに天秤座に移り満月になりますが、春分図では乙女座にあります。今年はまだハッキリと次の時代へと移りきれない部分があるのだと思います。不安や心配は拭えませんし、今まで築き上げてきた体制を簡単に変えるのも難しいのだと思います。

石橋を叩きながら渡る・・・そんな動きが国民にはあるのかもしれません。ただ、逆にこのままではいけないという不安感もやってくるようです。地の星座でおきているグランドトラインは自分の手で安定を掴むような。しっかりとこだわりを持ちながら自分なりのスタンスを作り上げていく流れになるのではないかと思います。例えばココナラやストアカなど、個性を活かして商売をする流れも生まれてきていますが、今後は更に増えていくかもしれません。

「私らしく」をキーワードに自身の才能を活かす生き方へとシフトしていく。そこに対する自己責任も含めて、一人一人が覚悟を持ち基盤を固めていく事になりそうです。また金星は水瓶座にあり、個性的なものやオリジナリティーのあるものへと注目が集まるようです。

在り来りなものや既存なものには価値を見出さないかもしれません。1室の火星とスクエアになっていますし、認めたものにしか対価を払わない傾向もあります。娯楽産業は、なかなかシビアな流れかもしれません。

他には
太陽(国)は12室(福祉、医療)にあり反対には月(国民)の6室(健康衛生)、そしてTスクエアになる形で木星(拡大)が9室(法律)に居るので・・・
医療や福祉に関する新しい制度や施設などができるかもしれません。それによって国と一部の富裕者層には金銭的な圧迫がかかる事もありそうです。ただ必要としている人たちにとっては安定的な救いになるでしょう。

天王星は3/6に牡牛座に移りました。牡牛座は個人、物質、安定といった象意を持っています。そこで変革や改革が起きてくるのですが・・・
今年はその天王星がアセンダント(自分自身)に乗っています。天王星牡牛座時代の始まりとして、その象意が大きく現れてくるかもしれせん。

1人1人の持っている情熱や行動力が試された時代から、個人個人の内なる力や譲れない意志へとスポットライトの当たる約7年間になりそうです。

しっかりと現実を見つめ、持っている才能を活かしながら進んでいけると良いのではないかと思っています。